エチレン圧縮機保護

エチレン圧縮機と分子篩システム

 
エチレン生産中の分子篩床が消泡器が使われていますが、使用年數は3年以下です。圧縮されたエチレンの中の炭化水素化合物を細い霧に凝縮させ、消泡器に分離にくいです。これらの細い霧や圧縮機の潤滑油は、分子篩の能と壽命を削減します。

    循環使用回數により分子篩樹脂の壽命に決めます。周期ごとに溫度の上昇と圧力が低下し、その一方でアルキルが蒸発して、同時に分子篩の斷裂になります。割れ目が生じた損壊は、高価な分子篩の材料を変えます。

    頻繁な循環再生する

     吸着性能を低下させます

     早すぎ分子篩を交換する

     高いエネルギーコスト

 

お勧め製品

エチレン生産で消泡器の後に気液コアレッサーが増え、エーロゾルを除去します。エーロゾル中に水性浮遊粉塵と炭化水素を含有します。


フィードバック