金屬加工液應用

プロセス説明

 金屬の切削加工は狀態の良い切削液(油)を使用することでトラブルの改善につながります。さらに切削液(油)を使用することで、機械と削る金屬との間の摩擦を抑えるため、工作機械の刃物の負擔を抑え、機械も長持ちします。切削液(油)は古くなると腐敗して、ヘドロとなり配管などの目詰まりとなり、工作機械の錆びなど劣化につながります。そうなると、切削時の抵抗も大きくなり、加工の精度も低下し、機械の壽命も短くなってしまうのです。そのため、定期的にキリコを除去し、ろ過裝置でゴミを取るなど切削液(油)をキレイにすることが必要となります。


製品特徴

 

精密有効率的濾過プロセスを実現する:

 
 高精度加工要求、精密ろ過

    刃物の負擔を削減し、設備の壽命が長くなります。

    生産効率を高めます。

 循環使用できて、切削液(油)コストを下がります。

 

 

製品応用

 

    Justfit移動式フィルターカート

 

     斷続的な操作と多様化少量生産に適応でき、特に小規模単基盤の切削液の濾過にお勧めいたします。

 

    FerroClean磁気分離システム

 

      磁気粒子に全自動的な回収できます。

 

    SelfClear濾過システム 

 

     乳化液回収に適応し、廃棄料浄化処理も使用できます。

 

    Speedo多數バッグフィルター裝置

 

      お勧め使用

 

    セラミック濾過システム

 

      超濾・納濾及び反浸透の濾過を可提供。精細濾過に簡単な龙8国际を提供します。
 

帯式自動カスル機械

フィードバック