飲料水のろ過の応用


飲み水の一般的な処理プロセスは凝り固まり、沈殿、澄む、ろ過、消毒等。95%以上の浄水場はこのようなプロセスを採用します。工業と都市の発展に従って、水源の汚染が可能性がありますので、飲用水の標準に達するため、深度処理濾過を増加しなければならなりません。

製品特徴

 
幅広い応用の深度処理技術:活性炭吸着、オゾン酸化、生物活性炭、膜分離技術等


活性炭吸着

    -有効的に水中の悪臭を除去できます。例えば、Geosmin、MIB等
    -芳香族化合物と多種農薬によい吸着能力があります。
    -多種な重金屬イオン。例えば、 Hg、Cr 6+、Cd、Pb等よい吸着効果があります。
    -水中の変性物質によい吸着効果があります。


膜分離技術

   
  凝固薬剤を投入しない、除去の範囲が広い

  材質が多様です。例えば、酢酸繊維膜、芳香族ボリアミド膜、ポリスルホン膜、ポリプロピレン膜、無機セラミック膜等。

 

  精度が高い。膜口徑のサイズにより、微濾過、超濾過、納濾過と逆浸透を4種類に分けします。

 
  使用範囲が広い。違う膜、分離の効果も違う。
 

  運行が安定、設備がコンパクト。容易に自動制禦を実現します。

 

フィードバック