ボイラ給水のろ過


ボイラ給水の主な作用は水蒸気システムに水源の損失を補給いきます。補給水は一見すると透明できれいに見える水でも、たくさんの混入物を含んでいます。このような混入物が、水を利用するボイラや空調などの設備の鋼管を腐食させたり管壁に付着し水の流れを悪くしたり、目に見えない部分で支障を起こします。そのような現象を防ぐため、逆浸透の裝置を提案いたします。

 

  製品特徴

 

  精密な濾過——膜分離技術

 

  凝固薬剤を投入しない、除去の範囲が広い

 

 材質が多様です。例えば、酢酸繊維膜、芳香族ボリアミド膜、ポリスルホン膜、ポリプロピレン膜、無機セラミック膜等。

 

  精度が高い。膜口徑のサイズにより、微濾過、超濾過、納濾過と逆浸透を4種類に分けします。

 
  使用範囲が広い。違う膜、分離の効果も違う。
 

  運行が安定、設備がコンパクト。容易に自動制禦を実現します。

相関製品

フィードバック

PREV:No Content