差圧ゲージ


差圧計は実際のろ過中での重要な指示です。 差圧計によって、エレメントの交換時間を決まります。液體を通る時、エレメントの圧損がありますので、フィルターの出口に差圧計を取り付け、ろ過の狀況が監視できます。大量に不純物を積み上げて、差圧値が増やし、流量も減少になっています。指定の差圧に至って、ユーザーはエレメントが交換する必要がなります。

隔膜差圧計:



隔膜差圧計が腐食性環境と気相メディアに適応できます。しかし、高粘度液體と結晶気體の狀況に適応しません

 

ピストン差圧計:

 

适用于靜壓較高的系統,用于測量系統中高低兩點之間的壓力差。

靜圧高いシステムに適応して、高低両點の差圧を計算できます。


Single Diaphragm Type Differential Pressure Gauge  Magnetic Type Differential Pressure Gauge

 Dial Size : 100 & 150mm

 Accuracy : ±2.5 % of Full Span

 Case & Bezel : SS 304 Snap Action Bayonet Type

 Sensing Element : SS 316 Diaphragm

 Connection : ¼” NPT (F)

 Range : 0-250 mmwc upto 6000 mmWC

 0-1 Kg/cm2 upto 10 Kg/cm2

 Differential Pressure : Max Full Scale Value

 Static Pressure : 10 Times of Full Scale

 Optional : External Zero Adjustment / Electrical Contact / Liquid Filled Case 

 Dial Size : 63 / 100 & 150mm

 Accuracy : ±2.5 % of F.S. ( Ascending )

 Case & Bezel : SS 304 Snap Action Bayonet Type

 Sensing Element : Magnetic Coupled Piston

 Wetted Parts : Aluminum / S S 316

 Connection : ¼” BSP / NPT (F)

 Range : 0 to 0.5 Kg/cm2 upto 10 Kg/cm2

 Differential Pressure : Max Full Scale

 Static Pressure : 200 / 400 Kg/cm2

 Optional : Magnetic Reed Switch  Liquid Filled Case 

フィードバック

申し訳ありませんが、検索したコンテンツは存在しません。

次:No Content
PREV:No Content