気液分離コアレッサー


 

ガス流から液體と固形物を除去することは、ガス処理の用途にとって非常に重要です。これらの異物を効果的に除去することにより、コストの問題や、コンプレッサ、タービン、バーナーなどの下流側裝置でのダウンタイムを防ぐことができます。さらに、炭化水素や固形の異物は、アミン接觸塔内での発泡を誘発し、觸媒プロセスで觸媒の早期交換につながる可能性があります。シリンダーの潤滑化のためにオイルを使用するコンプレッサーでは、潤滑油が放出ガスに混ざり込み、下流側の汚染の原因となることがよくあります。熱交換器に堆積した炭化水素の薄い膜が厚くなり、コークス化します。これによって伝熱効率が下がり、エネルギー消費量が増大するだけではなく、発熱部分やリークの危険が生じます。

原理
 
グラスファイバーを主として、特殊構成されたエレメントでエマルジョン化した油中水分がフィルターの内側から外側にしみ出す時に大きな水滴に成長させ、比重差を利用し、フィルター容器内で沈降分離する機能をもっています。

仕様

製造基準:GB150 ASME
材質:炭素鋼、ステンレス
濾過精度:. 3 um以上
濾過効率:98%
取付方向:縦型と橫型

応用

コンプレッサのガス流から潤滑油の分離
ガスからの炭化水素液滴の分離
タービン燃料ガスからの不純物の分離
必要なシステムにプロパンから潤滑油の分離

フィードバック