切削液ろ過機

油水分離には「エマルジョン分離」と「油水分離」の大きく分けて2種類あります。エマルジョン=乳化油を意味し、油と水が完全に混ざり合っている狀態を指します。飛潮の切削液濾過機は水、油、固形物の三相分離を可能になりました。同種製品の中でも特に優れた濾過能力を発揮するのが最大の特徴です。 更にコンパクト化・低コスト化を実現しました。製品の加工精度を維持し、 不良品率の低減化にもつながる高性能な製品です。

特徴1 コスト削減
 コンパクト化を実現し、他社製品に比べローコストを実現しました。

特徴2 容易なメンテナンス
 フィルター本體の分解ができる為、容易にメンテナンスが行えます。

特徴3 非磁性體除去
 磁性體はもちろんのこと。 砥粒やアルミなどの非磁性體も除去することができます。

特徴4 高い濾過精度
 ダスキャッチ内の流速と遠心力を高める構造により、 濾過精度を飛躍的に高めることができます。


分離原理:
1、ポンプで圧送された原液が回転筒内へ入り、運転の準備ができました。
2、回転筒が回り始め、遠心力により原液中の固形物が外側の円周部へ集まります 。
3、運転を続けると固形物は外側円周部の固形物溜まりに堆積し、また、比重差により清浄液より
 軽い油などは中心付近に集まります
4、中心付近に溜まった油は内部に圧力が発生しているので外部のバルブを開くことにより、
 清浄液とは別の通路へ排出されます
5、 円周部に溜まった固形物は、回転筒の回転をさらに上げることにより、外側にあるピンが動いて解放狀態になり、固形物を外部へ排出します。
6、油、固形物などの排出が終わり、回転筒の回転を元に戻すと開いていたピンが動いて内部を密封するので、回転を止めずに遠心分離を連続的に行います。

処理量:
最大流量:(50Hz) 1000L/H
有効処理量: 600 ~ 800L/H
置屑容量: 0.7L
廃油収集容量: 20L

分離効果:
粒子精度: 2um(99% 以上)
雑油含有量: 0.3% 以下

 

遠心分離電機:
主軸回転速度: 7500rpm
電機パワー: 0.55kw

 

水パンプ:
電機パワー: 0.75kw
水パンプ形式: インペラーポンプ
自吸高さ: 2m
電機制禦形式: インバータ制禦(可調整)


Processing Capacity Separation Efficiency
• Maximum Flow: (50Hz) 1000L / H
• Effective Processing Flow: 600 ~ 800L / H
• Storage Space: 0.7L
• Waste Oil Collection Tank Volume: 20L
• Particle Accuracy: 2um (99% or more)
• Miscellaneous Oil Content: 0.3% or less




フィードバック

PREV:No Content