廃棄洗浄液の処理

廃棄洗浄液の処理

  
  日常的に多くの洗浄液を使用する工場では、毎日大量の洗浄液を廃棄する必要があります。これら洗浄液は一般的には人體に影響があるものは少ないものの、れっきとした産業廃棄物であり、適切に処理を行うか、産業廃棄物の処理業者に依頼する必要があります。飛潮洗浄機の繰返し運転によって汚染された洗浄液を「清浄な再生液」と「油成分の廃液」・「固形異物」とに分離し、再生された清浄液は、洗浄液として「リ・サイクル」使用(再生率:85%以上)できます。濃縮できた洗浄液は30-40倍で、廃棄量と廃棄処理経費の大幅な削減になります。

 

システムの仕組み

 


  プレー濾過システム

  超濾除油システム

  洗浄システム

  輸送廃棄油のシステム

 

    超濾除油システムの特徴

 

  (1)除油率が高くて、出水含油量<5ppm、環境保護の要求に達します。

  (2)PLC自動制禦できて、労働強度が低い、人力コストを削減できます。

  (3)クロスカレント濾過を採用して、高通量濾過が維持できます。

  (4)設備がメンテナンスが容易で、コストも低いです。

  (5)酸・アルカリ・酸化・微生物腐食など物に抵抗できて、使用壽命が長くなります。

  (6)高価格の乳化破壊剤・凝集剤を使用しなくて、運転のコストが低い。

  (7)膜洗浄の周期が長くて、清浄通量回復効果も良いです。

  (8)濃縮する後、大量な価値がある廃棄油を回収できます。   

 

 

 

Content Indicator

Standard Parameters

System Concentration Ratio

30x - 40x

COD Removal

≥85%

COD Absolute Value

7000

SS Removal Rating

≥99%

Oil Removal Rating

≥99%

Absolute Residue Oil Value

<20

pH

6-13


フィードバック