循環水濾過



プロセス説明

水洗は主に製品表面に殘された脫脂、リン化剤及び付着物を洗って、取り除くためです。水洗は「噴淋」、「浸漬」という方法があります。「逆流水洗」と言うプロセスを選択すれば、一回「浸水水洗」に一回「噴水水洗」の追加として、二回「浸水水洗」に二回「噴水水洗」の追加として行います、水洗液をろ過してから回収されました。この場合にはバッグフィルターを選択したほうがいいです。

問題述べる
自動車メーカーの塗裝工場が一番水を費やす場所ですが、前処理にはその工場全部排水量80%以上を占めました。それで、有効的にろ過すれば、リサイクル標準に達するばかりではなく、純水の使用量も減って、汚い水の出す量が低下することは大切なことです、そすれば省エネルギーという目標を実現することもできます。 

製品特徴

自動的に「鉄磁気粉末」と言う物や顆粒や酸化鉄を取り除きます。
•微塵な磁気不純物が捕まれます。
•高汚染、高清潔度の要求に相応しいです。
•最初にはコストが低い、設備も更新必要はなく、直接に濾過袋を取り替えてもいいです。
•POP濾過袋は著しい濾過効率を85%アップすることができ、収まった不純物量も増え、普通濾過袋壽命の3倍に達して、濾過袋の取り替える回數が減り、快速、有効的に材料の消費と人件費用も減少されます。


 
製品応用
 

Speedo迅速開閉フィルター
 

フィードバック