油とガス仕上げ流體ろ過

 

採収井や圧入井の仕上げ時に坑井内を満たす流體で、要求される條件としては、(1) 必要とする比重が得られること、(2) 溫度に対する安定性があること、(3) 沈殿や生産性障害を起こさないこと、(4) 金屬に対する腐食性がないことなどが挙げられる。仕上げ流體の種類には、水系泥水、油系泥水、ケミカル・フルイド(chemical fluid)またはブライン(brine)の3種があるが、固形分を含まないことから、パッカー・トラブルや生産性障害が少ないケミカル・フルイドが使われることが多い。濾過の作用は浄化された液體をもう一度油井へサイクルできます。

 

  出油層の故障の原因

 

 油層障害を防ぐには適切な掘削泥水・仕上げ流體および坑井仕上げ法を選択しなければならない。油層の中不純物は油の相対浸透率の低下に起因するものです。油の相対浸透率が低下し、油の流動が妨げられます。また油層障害の除去にはいろいろな方法が開発されているが、弊社はお勧めの方法は濾過です。

  
仕上げ流體濾過

 

  油層の損害を防ぐため、仕上げ流體を濾過しなければなりません。
  理想的な仕上げ流體は不純物がなりません。最経済的選びは5ミクロンエレメントをお勧めします。

  安定的な油井液は高出油率と油井の壽命を保証できます。

  高効カートリッジの壽命を延長するため、精密フィルターの前にプレーフィルターを配置して、大きいな粒子を濾過します。


 

フィードバック